非日常的な時間を過ごしたい

運航コストの削減、人件費の削減、機内サービスの簡略化、旅客運賃以外での収益の確保などあらゆるアイデアを尽くし、企業努力でより低価格の運賃での航空サービスを可能にしたのがLCC(ローコストキャリア)と呼ばれる航空会社です。
代表的なLCC航空会社はアメリカのサウスウエスト航空やイギリスのイージージェット、日本での就航も開始したマレーシアのエアアジアなどがあります。

日本に乗り入れるようになったLCCの誕生と増加で、国内旅行だけでなく海外旅行もより手軽により身近に感じられるようになってきました。
非日常的な空間を楽しめる海外旅行ツアーで常に人気上位に上がる国が「究極の楽園」とも表現されるモルディブ共和国です。モルディブ共和国はインド洋に浮かぶ1200もの島々からなる諸島国家です。ミントブルーの透き通った海とゆったりとした時間、豊富な魚料理やフルーツなどの食べ物、地平線に沈む夕日など、モルディブ共和国が人気の理由を挙げればキリがありません。

しかし海外旅行は言葉や習慣、宗教の違いからのトラブルが発生してしまうこともあります。
先に出てきた人気国であるモルディブ共和国も例外ではありません。モルディブ共和国は敬虔なイスラム教徒が多く、食べ物や習慣の違いには十分な配慮と理解が必要になってきます。
そのため特に海外旅行に行く際は旅行会社が主催するツアーを利用して行く人も多くいます。
旅行会社主催のツアーに参加すれば添乗員が同行したり現地スタッフがツアー工程中、付きっきりで案内してくれることも多く、不安が和らいだりトラブルにあう確率も減るかもしれません。

Voyage

Comments are closed.